研究活動

 研究領域のキーワード

 心臓突然死 心肺蘇生教育     学校BLS     シミュレーション研究 ガイドライン

 

 現在実施している研究

●短時間胸骨圧迫トレーニング講習受講者に対する技術練習の間隔が長期技術保持に与える影響の検討:無作為化比較試験

非医療従事者を対象に胸骨圧迫の上限の深さを設定した指導方法による教育効果の検討:無作為化比較試験

全新入生を対象とした体系的AED救命講習会の教育プログラムの評価

 

【京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻予防医療学分野と共同で取り組んでいる研究】

病院外心停止患者を対象にしたHigh performance CPR導入に関する有効性の検討:無作為化比較試験

胸骨圧迫のみの簡易型心肺蘇生法を用いたマストレーニングプログラムの地域展開とその効果検証   ~PUSHプロジェクト in Toyonaka

 

【京都大学大学院医学研究科 呼吸器内科学講座と共同で取り組んでいる研究】

間質性肺疾患患者における咳嗽重症度の実態調査

前後比較による間質性肺疾患患者に対する胸部固定帯を用いた新規咳嗽制御効果の検討

 

国際共同研究

●国際蘇生連絡委員会(ILCOR)のReseach and Registries working group support memberとして、世界の心停止データベース調査

 

蘇生ガイドライン作成に関連した活動

●次回のガイドライン改訂に向け、日本蘇生協議会より推薦を受け、国際蘇生連絡委員会(ILCOR)のBLS (Baisc life support) Taks Force Memberとして2016年からガイドライン作成中